ざっくり荒彫り

ざっくりと裏板の余肉を落としました。
この木の性質を感じ取ることに集中しつつ、大まかなイメージを持って削っていきます。