表板の修復のダイジェスト。
バイオリンにぽっかり空いた穴の修復。
過去にどこかの職人さんが直したと思われる修理の手直しです。

問題の箇所。
色も合っておらず、浮いてしまってます。
ひとまず以前の修理を撤去します。
材料を合わせて、接着・整形。
作業の様子がありませんが、ここが正念場です。
あとは修理箇所がわからないようにニスを塗っていきます。