表板の穴埋め

表板の修復のダイジェスト。
バイオリンにぽっかり空いた穴の修復。
過去にどこかの職人さんが直したと思われる修理の手直しです。

問題の箇所。
色も合っておらず、浮いてしまってます。
ひとまず以前の修理を撤去します。
材料を合わせて、接着・整形。
作業の様子がありませんが、ここが正念場です。
あとは修理箇所がわからないようにニスを塗っていきます。

ヴィオラ里帰り

今年作ったアマティヴィオラが調整にやってきました。
まだ半年ちょっとではありますが、たくさん演奏してもらい、今年の大変な酷暑も乗り切って、一段と良い音に成長しておりました。嬉しいですね。

これからが楽しみです。

眠りから・・・

ここ最近、長年しまってあった楽器の修理依頼が多いです。
厳しい夏が過ぎて、秋になっていくと、いろいろな心境の変化があるのでしょうか。
くすぶっていた気持ちが動き出す季節なのかもしれませんね。


年季の入ったケースを開けると、なかなか驚きの光景になっているものですが。
弦や弓の毛はボロボロ、駒はひしゃげて、etc…

それでもチェックしてみると、意外と、そこまで費用かからず綺麗に直せることも多いです。

楽器が直って帰ってくるとみなさんすごく喜ばれるので、とても楽しい仕事です。
また大事な相棒としていただければ何より。

指板調整

弦や弓の毛だけでなく、指板も演奏によって少しずつ消耗していきます。

相当酷使されるパーツでもあるので、「黒檀」という非常に硬い木が使われています。

とはいえ、何十時間、何百時間と演奏していくと、どうしてもすり減っていくものです。

指板 修理
“削って綺麗に”

深く刻まれた弦の溝や指の跡は、雑音の原因になったり、音程のズレを引き起こしたりします。

たまにチェックしてみると良いかもしれません。