どんなに美しい楽器であっても
楽器は鑑賞のためではなく、
音を奏でるために作られてます。

演奏者は毎日のように、練習して練習して。

その間には色々な傷みや、事故もあり、それは避けようの無いものです。
バイオリン 割れ 修理

バイオリン ニス傷み 修理

問題が起きた時、どのような修理・メンテナンスを受けるかはとても大きな問題です。

今も第一線で演奏されている300年前に作られた名器たち。
300年もの間、多くの演奏家と、職人たちによって守られて来たことを物語っています。

バイオリン 指板 修理

ヴァイオリン コーナー欠け 修理

良質な修理を施せば、また未来に繋いで行ける。
これも弦楽器の魅力のひとつです。

一方で壊れた後、そのまま良い扱いを受けられずに姿を消していった楽器も多いでしょう。

魂柱パッチ 弦楽器 修理

弦楽器 エッジ 修理

バイオリン 修理

チェロ 修理

響きを取り戻し、
美観を損ねず、
また永く安心して使える。

そのために、楽器一台一台に対して様々な手法を用いて直していきます。